1月11日、今日の論語一日一言です。

曾子曰わく、終を慎み遠きを追えば、民徳厚きに帰す。(学而第一)

そうしいわく、おわりをつつしみとおきをおえば、たみのとくあつきにきす。(がくじだいいち)

【訳】
曾先生は言われた。
「親の葬儀を丁重にして真心から喪に服し、そして先祖の祭を手厚くすれば、民の人情風俗は自ら厚くなるものだ」

論語に書かれていることは不変な人間の本質なんだなあと思います。

今の時代、葬儀も小さくなっていると思いますが、もしそういうことになったらしっかりと行わなければ行けませんね。

今日も一日、頑張ります。