子曰わく、能く礼譲を以て国を為めんか、何か有らん。能く礼譲を以て国を為めずんば、礼を如何にせん。(里仁第四)

【訳】
先師が言われた。
「礼の根本である譲る心を以て国を治めれば、なんの難しいことがあろうか。その譲る心を以て国を治めなければ、礼制がいかに整っていてもどうしようもないであろう」

2月28日、論語一日一言、今日の言葉です。

”譲り合う心、人のことを思う心がないと何事もうまくいかない”と論語コンプリートにあります。

礼をつくすというのは自分の問題ですね。

心からの気持ちがあれば伝わるものだと信じたいです。

相手に寄り添って譲る気持ちをもつためにも日々の訓練が必要です。

今日も一日がんばります。

うちの理事長も元気にがんばってました(笑)