2月16日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、不仁者は以て久しく約に処るべからず。以て長く楽に処るべからず。仁者は仁に安んじ、知者は仁を利す。(里仁第四)

しのたまわく、ふじんしゃはもってひさしくやくにおるべからず。もってながくらくにおるべからず。じんしゃはじんにやすんじ、ちしゃはじんをりす。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「不仁の者は長く逆境におることはできない。また長く平安な生活をも続けることができない。仁者は安んじて仁を実践し、知者は仁の価値を知って仁を実践する」
※仁の道に生きることに安心を得ているのが仁者。知者は自分の利益があるから行う。

”順境も逆境も、どっしり構えて自分の道を進む”と論語コンプリートにあります。

目先の利益を追うということは逆境になると辛抱できないことは考えればわかりますし、

良い状況、順境の場合も自分勝手わがままですからその状況にも長くいれませんね。

目の前の、それも自分の都合ばかりというのはよくありませんね。

相手のことを考えてお互いが良い状況をつくれるように普段から考える方よいことは誰でも理解できることです。

そのような状況をつくるようにしなければなりませんね。

今日も一日がんばります。