直きことは其の中に在り

葉公、孔子に語りて曰わく、吾が党に直躬なる者有り。其の父、羊を壤みて、子之を證す。孔子曰わく、吾が党の直き者は是に異なり。父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。直きことは其の中に在り。(子路第十三)

しょうこう、こうしにかたりていわく、わがとうにちょくきゅうなるものあり。そのちち、ひつじをぬすみて、ここれをしょうす。こうしのたまわく、わがとうのなおきものこれにことなり。ちちはこのためにかくし、こはちちのためにかくす。なおきことそのなかにあり。(しろだいじゅうさん)

【訳】
葉公が孔子に世間話をして言った。
「私の村に正直者と評判のある躬という者がおります。彼の父が羊を盗んだのを訴えでて、証人となりました」
先師が言われた。
「私のほうの村の正直者は少し違います。父は子のために隠し、子は父のために隠します。このように隠し合う中に、人情を偽らない本当の正直があると考えます」

8月31日、今日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”何よりも自然な人情を大切にしたい”とあります。

これでいいんですね。

正直だけがいいわけではない。

正しいからといって人情無視はじゃなくていいですね。

盗むという行為や問題行為をおこす。私利私欲の場合もあるでしょう。

しかし、親や子、また友人などかばってあげたいというのが心情です。

難しいものですが人情は大事にしたいところです。

今日も一日がんばります。