8月21日、今日の論語一日一言です。

曰わく、爾の知る所を挙げよ。爾の知らざる所、人其れ諸を舎てんや。(子路第十三)

のたまわく、なんじのしるところをあげよ。なんじのしらざるところ、ひとそれこれすてんや。(しろだいじゅうさん)

伊與田覺先生の解説です。

先師が答えられた人物を挙げよ。
「まずお前の知っている人を挙げよ。そうすれば、お前の知らない人物は、人が捨ててはおかず、必ず推薦してくれるようになるよ」

”優秀な人材を登用すれば、未知の逸材も自然と集まる”と論語コンプリートにあります。

これは会社でもいえるのかもしれません。

優秀な人を迎えいれることができれば、いい人が集まってくるのかもしれませんね。

政治も会社も人の集まりですから、勉強ができる優秀ではなく人間ができている優秀ということなのでしょう。

そうでなければ、自然と人は集まりませんね。

今日も一日がんばります。