子曰わく、父母在せば、遠く遊ばず。遊ぶこと必ず方あり。(里仁第四)

しのたまわく、ふぼいませば、とおくあそばず。あそぶことかならずほうあり。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「父母が生きているうちは、あまり遠くへ旅しないほうがよい。やむを得ず旅に出たときは、父母に心配をかけないように心がけることだ」
※方とは方角。行先をはっきり明示すること。

3月5日、論語一日一言、今日の言葉です。

元気といえども何があるかはわかりませんね。

わかるようにしておくことは大事なことです。

悪いもがあるとしたら自分の時で終わらせるべきですね。

今日も一日がんばります。