焉んぞ能く鬼に事えん

子曰わく、未だ人に事うること能わず、焉んぞ能く鬼に事えん。(先進第十一)

しのたまわく、いまだひとにつかうることあたわず、いずくんぞよくきにつかえん。

【訳】
先師が言われた。
「まだ、人に仕えることが十分できないのに、どうして神様に仕えることができようか」

7月9日の今日の論語一日一話です。

論語コンプリートには”神霊や死後の世界のことは容易に語れない”とあります。

人間関係ですら問題ばかりですからね。

仕事の意味や生きる意味すら通常考えないですし。

それなのに神様や死後の世界を気にしてどう仕えるとか考えても答えが出ることはなさそうです。

今日の一日を精一杯がんばるしかないですね。

今日も一日がんばります。