7月9日の今日の論語一日一話です。

子曰わく、未だ人に事うること能わず、焉んぞ能く鬼に事えん。(先進第十一)

しのたまわく、いまだひとにつかうることあたわず、いずくんぞよくきにつかえん。

伊與田覺先生の解説です。

先師が言われた。
「まだ、人に仕えることが十分できないのに、どうして神様に仕えることができようか」

神さまを祭ることや味方につけることについてどうしたらいいかの答えがこちらの言葉ですが、

論語コンプリートには”神霊や死後の世界のことは容易に語れない”とあります。

神さまについて偉そうに語るなってことですね。

そうですね。

人の宗教観などについて偉そう語るというのはいけませんね。

人それぞれにいろんな考えがありますから多くを語ることはNGです。

今日は言葉を意識しながらがんばります。