為んで厭わず、誨えて倦まず

子曰わく(しのたまわく)、聖と仁との若きは(せいとじんとのごときは)、則ち吾豈敢てせんや(すなわちわれあにあえてせんや)。抑々之を為んで厭わず(そもそもこれをまなんでいとわず)、人を誨えて倦まずとは(ひとをおしえてうまずとは)、則ち謂うべきのみ(すなわちいうべきのみ)。

【訳】
先師が言われた。
「聖人とか仁者とかには、私は及びもつかないことだ。ただ私は、その境地を目指して学び、飽きることはない。また自分の体得したことを通じて人を教えて怠らない。こういうのが私だと言ってもらっても宜しかろう」

論語一日一言、5月13日の言葉です。

”学ぶこと、教えることはあきることがない”と論語コンプリートにあります。

学んだことをいかにアウトプットすることが大切かわかりますね。

自分の体得した事、学習したことを人に教える。

それこそが学びだとつくづく感じます。

本もただ読んだだけではいけませんね。

要約してみたり感じたことを話したりすることが大切です。

今日も一日がんばります。