7月14日の今日の論語一日一話です。

子曰わく、求や退く、故に之を進む。由や人を兼ぬ。故に之を退く。(先進第十一)

しのたわまく、きゅうやしりぞく、ゆえにこれをすすむ。ゆうやひとをかぬ、ゆえにしりぞく。(せんしんだいじゅういち)

伊與田覺先生の解説です。

先師が答えられた。
「求はとにかく引っ込み思案だからそれを励ましたのだが、由はとにかく出すぎるくせがあるから、それを抑えてやったのだ」

”人に応じた教え方が必要である”

人に教えるということや任せるということは本当に難しいことです。

子路や冉有の性格をよく観察しての孔子先生の言葉ですから非常に重みがあります。

客観的に人を見て観察してその人に応じた教え方が必要ですね。

人はそれぞれ違います。

考え方も人も人それぞれですね。

今日も一日がんばります。