11月18日、今日の論語一日一言です。

孔子曰わく、生まれながらにして之を知る者は、上なり。学びて之を知る者は、次なり。困みて之を学ぶは、又其の次なり。困みて学ばざるは、民之を下と為す。(季氏第十六)

こうしのたまわく、うまれながらにしてこれをしるものは、じょうなり。まなびてこれをしるものは、つぎななり。くるしみてこれをまなぶはまたそのつぎなり。くるしみてまなばざるはたみこれをげとなす。

【訳】
先師が言われた。
「生まれながらに知る者は上等の人である。学んで知る者は、その次である。行き詰って苦しみ学ぶ者は、その次である。苦しんでも学ばない者は、民も下等とする」

”どうあっても学ぼうとしないひとはてがつけられない”と論語コンプリートにあります。

生まれながらにしてという人はほとんどいないと思いますが、まったく学ばない人はどうにもなりませんね。

日々の出来事ですら学びの連続です。

志を立てて学ぶことよって道理を知るんですね。

今日も一日ご苦労様でした。

今日はさすがに無理でしたね。

明日もがんばりましょう。