9月13日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、教えざるの民を以て戦う、是れ之を棄つと謂う。(子路第十三)

しのたまわく、おしえざるのたみをもってたたかう、これこれをすつという(しろだいじゅうさん)

【訳】
先師が言われた。
「充分に教育もしていない人民を戦わせるのは、それこそ人民を棄てるというものだ」

論語コンプリートには”準備なしの戦争はしてはいけない”とあります。

となりの国は休戦状態だということを忘れてはいけませんね。

子曰わく、故きを温めて新しきを知る。以て師為る可し。

昔のことから学ぶことが大切ですね。

なぜ、となりの国はこのような状況になってしまったのか。

この間の警報なんかもまったく危機感ないですしね。

まずは国民の教育が必要な気がします。

今日も一日がんばります。