死して悔いなき者は與にせざるなり

子路曰わく、子三軍を行らば、則ち誰と與にせん、子曰わく、暴虎馮河、死して悔いなき者は、吾與にせざるなり。必ずや事に臨みて懼れ謀を好みて成さん者なり(述而第七)

しろいわく、しさんぐんやらば、すなわちだれとともにでん。しのたまわく、ばっこひょうが、ししてくいなきものは、われともにせざるなり。かならずやこにのぞみておそれ、はかりごとをこのみてなさんものなり。(じゅつじだいなな)

【訳】
子路は先師に尋ねた。
「もし全軍を動かして戦うときは、先生は誰と共になさいますか」
先師が答えられた。
「虎を手打ちにして、大河を徒歩で渡り、死んでも悔いないような無謀な者と私は一緒にしない。誰かと一緒と言うなら、戦に臨んで恐れるくらいに計画を綿密にしてやり遂げようとする者とだなあ」

4月28日、今日の論語一日一言です。

”何も考えずに行動するのはよくない”と論語コンプリートにあります。

孫子の兵法も戦わずして勝つことが大事というように戦わない方法がいいんですね。

孔子様も無謀な人間とは一緒に戦わないというように計画が大事ということです。

日々の生活においてもしっかりと計画をたてていかねばなりません。

追われるような今の状態も計画的にどこかで解消しなければいけませんね。。

勝負にでるためには事前の準備にたくさんの時間を使わなければいけません。

まだまだ道は遠いですね~。

今日も一日がんばります。