死して後已む

曾子曰わく(そうしいわく)、士を以て弘毅ならざるべきからず(しをもってこうきならざるべからず)。任重くして道遠し(にんおもくしてみちとおし)。仁以て己が任と為す(じんをもっておのがにんとなす)、亦重からずや(またおもからずや)。死して後已む(ししてのちやむ)。亦遠からずや(またとおからずや)。(泰伯第八)

【訳】
曾先生が言われた。
「士は度量が広く意志が強固でなければならない。それは任務が重く、道は遠いからである。仁を実践していくのを自分の任務とする。なんと重いではないか。全力を尽くして死ぬまで事ににあたる、何と遠いではないか」

論語一日一話の5月24日の言葉です。

”大きな度量と強い意志を持ちたい”と論語コンプリートにあります。

意志、信念。

持たなければならないと思います。

突き詰めると任務は重たいものです。奥さんや子供を敬うこと、先祖、両親に尽くすこと。

そして、世の中の役に立つ人間になること。

死ぬまで続けないといけませんね。

昨日は実践論語勉強会でした。

サブテーマは「自分の家をどうリフォームするか」でした。

自分の家とは自分自身のことですね。

なにかを決意するには自分の考え方を変えていかなければいけません。

思考のチェンジですね。

怒涛の変革の時期です。

「地域社会に貢献し、お客様の「思い」をかたちにする企業であり続けます」

この理念がぶれないようにしなければなりませんね。

今日も一日がんばります。