欺くこと勿かれ

子路、君に事えんことを問う。子曰わく、欺くこと勿かれ。而して之を犯せ。(憲門第十四)

しろ、きみにつかえんことをとう。しのたまわく、あざむことなかれ。しかしてこれをおかせ。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
子路が君主に仕える心得を尋ねた。
先師が言われた。
「誠をもって仕え、偽りのないのが第一だ。そうして、ときによっては面を犯して諫めるがよい」

9月22日、今日の論語一日一言です。

”まごころを持って仕えて、初めて諫言も生きる”と論語コンプリートにあります。

自分がそういう立場、誰かの下につき働く時には誠実にがんばらなければいけませんね。

組織というのは大変難しいもので簡単ではありません。

自分が全然出来てもいないのに諫めることはできません。

しっかりとその人のために働けてはじめて諫めることが出来る。

また、そうでなければ響きませんね。

今日も一日がんばります。