桓魋其れ予を如何にせん

子曰く(しのたまわく)、天徳を予に生せり(てんとくをわれになせり)。桓魋其れ予を如何にせん(かんたいそれわれをいかにせん)(述而第七)

【訳】
先師が言われた。
「天は私に徳を授けられている。桓魋ごときが私をどうすることもできないだろう」

論語一日一言、5月7日、今日の言葉です。

”自分の生き方に絶対の自身を持て”と論語コンプリートにあります。

実際に何か自分自身に役目があって生きている、というような強い意志は自分の底から湧き上がるエネルギーに火をつけますね。

人それぞれ役目があってこの世にいる。

どんな仕事についていようが悩んでいようが役目があるんでしょうね。

今、目の前の仕事をこなし、先のことも考える。

今日もがんばります。