6月24日、今日の論語一日一話です。

子、顔淵を謂いて曰わく、惜しいかな。吾其の進むを見るなり。未だ其の止まるを見ざるなり。(子罕第九)

し、がんえんをいいてのたまわく、おしいかな、わがそのすすむをみるなり。いまだそのとどまるをみざるなり。(しかんだいきゅう)

先師は顔回のことをこう言われた。
「惜しい人物だったなあ。私は彼が常に進むのを見たが、まだそのとどまる所を見たことがなかった」

進み続ける人になりたいと論語コンプリートにはありました。

若くして亡くなった顔回のことを孔子様は本当に信頼していたのですね。

常に進み続けているとはやはりなにか続けている人のことでしょうね。

毎日、出来ない、やれないということがあります。

続けていけないようなことを続けていくことが実際は力になっていくのでしょうね。

人間は欲に負けてしまいます。私も睡魔に勝てません。食欲に負けてしまいます。

自分で常に追い込まれているような状態を作り出せればいいんですがね。

今日もそんなことを思いながら仕事をがんばります。