未だ其の人を見ざるなり②

隠居して以て其の志を求め、義を行いて以てそ其の道を達す。吾其の言を聞く、未だ其の人を見ざるなり。(季氏第十六)

いんきょしてもってそのこころざしをもとめ、ぎをおこないてもってそのみちをたっす。われそのごをきく、いまだそのひとをみざるなり。(きしだいじゅうろく)

【訳】
「世の用いられないで家にいても、初一念を追い求め、その道を達しようとする。私はそういう言葉を聞いたことはあるが、まだ、そのような人物を見たことがない」

11月21日、今日の論語一日一言です。

”世に出て正しい志を実現していくことはやさしくない”と論語コンプリートにあります。

世の中にはきっとそういう立派な人物もいるはずでしょうが、世に出ないので気づくこともありませんね。

誰かに認められたい願望というのは人がだれでも持っていると思います。

しかし、認めらなくても自分の思い描く道をしっかりと進んでいくような人物になりたいものです。

今日も一日がんばります。