子曰わく、我未だ仁を好む者、不仁を悪む者見ず。(里仁第四)

しのたまわく、われいまだじんをこのむもの、ふじんをにくむものをみず。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「私はまだ、本心から仁を好む者、不仁を憎む者を見たことがない」

2月21日、論語一日一言の今日の言葉です。

”真に正しく生きようとする者を見たことがない”と論語コンプリートにあります。

正しく生きるというのはとても大変なことだと感じます。

何も考えない生活では正しく生きるにはとても難しい。

積み重なった生活のくせを直すというのは本当に大変です。

日々の刺激を受けるように努力しなければなりませんね。

今日も一日がんばります。