1月1日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、学びて時に之を習う、亦説ばしからずや。朋遠方より来る有り、亦楽しからずや。(学而第一)

しのたまわく、まなびてときにこれをならう、またよろこばしからずや。ともえんぽうよりきたるあり、またたのしからずや。(がくじだいいち)

【訳】
先師が言われた。
「聖賢の道を学んで、時に応じてこれを実践し、その真意を自ら会得することができるのは、なんと喜ばしいことではないか。共に道を学ぼうとして、思いがけなく遠方から同志がやってくるのは、なんと楽しいことではないか」

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

この言葉は論語の中でもとても印象深い言葉です。

”学びは人生の喜びだ”と論語コンプリートにあります。

私はこの論語一日一言がまだ一巡していなので道半ばですが一巡したときに昨年はどう学んだかがわかるのをとても楽しみにしています。

毎日、毎日論語を読むことで考えることが増えていると思います。

名を後世に残すような人はたいてい論語を読んでいると何かに書いてありました。

今年のさらに論語で学んでいきたいと思います。

学ぶとは繰り返しの反復ですね~。

今日も一日学んでいきます。