子曰わく、晏平仲善く人と交わる。久しくして之を敬す。(公冶長第五)

しのたまわく、あんべいちゅうよくひととまじわる。ひさしくしてこれをけいす。(こうやちょうだいご)

【訳】

先師が言われた。

晏平仲は交際の道をよく心得ていた。久しく交わっても、ますます人は彼を敬った。

※「久しく交わっている人をも敬って変わらなかった」という説もある。

※晏平仲は斉の名大夫。晏は姓、名は嬰、平は諡、仲は字。

3月24日の論語一日一言です。

晏平仲さんはきっと優しい人なのでしょうか。

人の交際は難しいものです。

バランスも時として必要な気もします。

関わりもどこまでするか難しいことです。

時間は有限。今日も一日がんばります。