6月21日、今日の論語一日一話です。

子、川の上に在りて曰わく、逝く者の斯の如きか。昼夜を舎かず。(子罕第九)

し、かわのうえにありていわく、ゆくものはかくのごときか、ちゅうやをおかず。(しかんだいきゅう)

先師が川のほとりで言われた。
「時の流れはこの水のようなものであろうか。昼も夜も休むことはない」

論語コンプリートには「過去を悔やむな、時は流れ、未来に続く」とありました。

過去を悔やむことはどうしようもないことです。過ぎてしまってますから。

しかし、悔やむことは何かしらの失敗があって思い出すわけですからそのことから学ぶことも大事でしょう。

悔やんでも時は流れていくのですから次は悔やまぬようにと思いながら一生は過ぎていくかもしれません。

完璧なことなどないのですから前を向いて進むしかないですね~。

今日も一日がんばります。