11月2日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、過ちを改めざる、是を過と謂う。(衛霊公第十五)

しのたまわく、あやまちをあらためざる、これをあやまちという。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「誤ってそれに気づきながらも改めないのを本当の過ちというのだ」

わかっていてもやらない。

一番始末が悪いですね。

間違ったら改善する。当然のことです。

それを人はしないことが多々あります。

明日のことを考えずに飲んだりするのを改めない私は本当の過ちを犯しているかもしれませんね(笑)

明日はしっかり頑張りましょう。

気づくと同時に行なえばきっと改善されますね。