是を過と謂う

子曰わく、過ちを改めざる、是を過と謂う。(衛霊公第十五)

しのたまわく、あやまちをあらためざる、これをあやまちという。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「誤ってそれに気づきながらも改めないのを本当の過ちというのだ」

11月2日、今日の論語一日一言です。

間違いを気づきながら直さない。

一番問題です。

気づかないのも問題ですが。

一つひとつ直しながら少しでも良くなるようにしたいです。

今日も一日がんばります。