10月7日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、幼にして孫弟ならず、長じて述ぶること無く、老いて死せず。是を賊と為す。(憲門第十四)

しのたまわく、ようしてそんていならず、ちょうじてのぶることなく、おいてしぜず。これをぞくとなす。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
「お前(幼なじみの原壤)は幼い頃は目上の人の従順ではなく、大人になってからも、何一つよいことをせず、年をとってからもいたずらに生をむさぼっている。お前のような人間こそ世の中を害する賊だ」
と言われて、杖でその脛をたたかれた。

”苦言を呈することが必要な時もある”と論語コンプリートにあります。

孔子様でもこんなに怒ることがあるのですね。

立てひざで孔子様を待つという原壤さんはいけませんね。

礼儀についてはいつも気にすることが必要ですね。

自分も反省するところです。

自分もそのことについて反省し、自分も時としてしっかり怒ることも必要なのでしょうね。

ようはバランスが大切ということでしょうね。

今日も一日がんばります。