明と謂い、遠とも謂う

子曰わく、浸潤の譖、膚受の愬、行われざるは、明と謂うべきのみ。浸潤の譖、膚受の愬、行なわれざるを遠とも謂うべきのみ。(顔淵第十二)

しのたまわく、しんじゅんのそしり、ふじゅのうったえ、おこなわれざるは、めいというべきのみ、しんじゅんのそしり、ふじゅのうったえ、おこなわれざるをえんともいうべきのみ。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

先師が言われた。
「じわじわとしみこむような悪口や肌を刺すような訴えに、とにかく人は動かされやすいものだが、迂闊にそれに乗らないような人なら、明と言うことができるよう。さらにそういう人は遠(目先だけでなく先々まで見抜く)とも言うことができるよ。

7月27日の今日の論語一日一言です。

論語コンプリートには”人の悪口に惑わされない者は聡明と言える”とあります。

人の陰口、とくにまた聞きなどのよって伝わるようなもの。

たしかに心を動かされますね。憂鬱になったりしますね。

人それぞれにいろいろあるんだと思えればいいのですがそう簡単でもありませんね。

明るく活気溢れる状況を作らなければいけません。

未来将来を描いていれば目先のそういうことに惑わされることもありませんね。

しっかりと前を向かねばなりません。

今日も一日がんばります。