子曰わく、伯夷・叔斉は旧悪を念わず。怨是を用て希なり。(公冶長第五)

しのたまわく、はくい・しゅくせいをきゅうあくをおもわず。うらみここをもってまれなり。(こうやちょうだいご)

【訳】
先師が言われた。
「伯夷・叔斉は、たとえ旧い悪事があっても永く根に持つことがなかった。だから人から怨みを受けることは少なかった」

※伯夷・叔斉は殷末の孤竹君の子。兄は伯夷、弟が叔斉。

悪を憎んで人を憎まずと論語コンプリートにあります。

史記のマンガで読んだことのある伯夷・叔斉。

正しいとは辛いことの印象があります。

ここまで潔白な正義を貫くというのはとても凄いことです。

いつまでも根に持つことは体にもとても悪いことだと感じます。

心は鍛えることが必要ですね。

今日も一日がんばります。