2月7日、今日の論語一日一言です。

季康子問う、民にして敬忠にして以て勧ましむるには、之を何如にせん。子曰わく、之に臨むに荘を以てすれば則ち敬す。孝慈なれば則ち忠あり。善を挙げて不能を教うれば、則ち勧む。(為政第二)

きこうしとう、たみをしてけいちゅうにしてもってすすましむるには、これをいかんにせん。しのたまわく、これにのぞむにそうをもってすればすなわちけいす。こうじなればすなわちちゅうあり。ぜんをあげてふのうをおしうれば、すなわちすすむ。(いせいだいに)

【訳】

季康子(魯の大夫)が尋ねた。

「民の敬意と忠誠の念を以て仕事に精を出させるには、どうしたらよいか」

先師が答えられた。

「上に立つ者が、民に重々しい態度で臨めば、敬意を払うようになります。上に立つ者が親に孝行し、子や弟を慈しめば、民は忠誠の念を持つようになります。有徳の人を挙げ用い、不能の者をねんごろに教え導けば、自ら仕事に励むようになります。」

”上に立つ者は率先垂範しなくてはならない”と論語コンプリートにあります。

人格者を上に置くことが大切。

また、人格者を育てることが大切ですね。

そうでなければ人はついてきませんね。

本当に組織というものは難しいものです。

孔子様も3000人もの弟子がいて後世に論語を残したのですから孔子軍団は組織になっていたんでしょうね。

そう感じます。

実践の中にしか答えはないですね。

今日も一日がんばります。