8月8日、今日の論語一日一言です。

季康子政を孔子に問う。孔子に対えて曰わく、政は正なり。子師いるに正しきを以てしれば、孰か敢て正しからざらん。(顔淵第十二)

きこうしまつりごとをこうしにとう。こしこたえてのたまわく、せいはせいなり。しひきるにただしきをもってすれば、たれかあたえてただしかざらん。(がんえんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

季康子が政治のことを尋ねた。
先師が答えられた。
「政は正です。あなたが率先して正しくされたなら、誰が敢えて不正を行いましょうか」

日本の政治もまさに正がないとう感じになっているのかいないのかですね。

マスコミというのも本当の報道をいつもしているかも疑問です。

支持率なんかも本当なのでしょうかね~。

正しいというのは自分を律しということなのですがそれが重要です。

自分が正しい行いをすること。

そうしなければ他の人が正しく行ないをしないのは当然のことです。

論語コンプリートには”政治とは正義を行うことである”とあります。

正義の政治。

今日も一日がんばります。