政に従うに於て何か有らん

子曰わく、苟くも其の身を正しくせば、政に従うに於て何か有らん。其の身を正しくすること能わずんば、人を正しくすることを如何せん。(子路第十三)

しのたまわく、いやしくもそのみをただしくせば、まつりごとにしたがうにおいてなにかあらん。そのみをただしくすることをあたわずんば、ひとをただしくすることをいかんせん。(しろだいじゅうさん)

【解説】
先師が言われた。
「もし、自分の身を正しくできれば、政治を行うにあたってなんの難しいことがあろうか。しかし自分の身を正しくすることができなければ、どうして人を正しくすることができようか」

8月28日、今日の論語一日一言です。

”政治は自分の身を正すことから始める”と論語コンプリートにあります。

自分自身が正しくなくて人が正しくなることはないんでしょうね。

これは政治に限ったことではなくて組織や家庭でも同じです。

人を正そうとする前に自分。

今日も1日がんばります。