成人を問う

子路、成人を問う。子曰わく、‥‥利を見て義を思い、危きを見ては命を授け、久要、平生の言を忘れざる、亦以て成人と為すべし。(憲門第十四)

しろ、せいじんをとう。しのたまわく、…りをみてはぎをおもい、あやうきをみてはめいをさずけ、きゅうよう、へいせいのげんをわすれざる、またもってせいじんとなすべし。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
子路が成人について尋ねた。
先師が言われた。
「…利益を得るにあたっては道義を思い、君国の危険を前にしては一命を賭けてあたり、古い約束や普段の軽い言葉であって忘れなければ、成人と言えるだろう」

9月20日、今日の論語一日一言です。

成人とは”完成された人格者”と論語コンプリートにあります。

自分が利益の得るときには義(正しい利益)かどうかを考える。

たしかに不正に得た利益は必ず身を滅ぼしますし、悪銭身に付かずということで残ることもありませんね。

国の危険には一命をかけ、古い約束でも守るというような人はたしかに成人(聖人)だと思います。

高い目標ですがそういう人を目指したいものです。

今日も一日がんばります。