必ず近き憂有り

子曰わく、人にして遠き慮無ければ、必ず近き憂有り。(衛霊公第十五)

しのたまわく、ひとにしてとおきおもんばかりなければ、かならずちかきうれいあり。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「目先のことに捉われず、先の先まで思いをめぐらさなければ、必ず身近なところに思いがけない心配事が起こるものだ」

10月18日、今日の論語一日一言です。

ガーンとしてしまう言葉です。

こんなにいつも先々を考えて計画しているのに、この時期はすでに目の前のことでいっぱいいっぱいです。

だから機械も壊れるんです。

苦難は幸福の門。

しっかりと計画を見直し修正しなければなりません。

カレンダーをがんがん印刷します。

今日も一日がんばります。