10月1日、今日の論語一日一言です。

或るひと曰わく、徳を以て怨に報いば何如。子曰わく、何を以てか徳に報いん。直きを以て怨に報い、徳を以て徳に報いん。(憲門第十四)

あるひといわく、とくをもってうらみにむくいばいかん。しのたまわく、なにをもってかとくにむくいん、なおきをもってうらみにむくい、とくをもってとくにむくいん。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
ある人が尋ねた。
「徳を以て怨みに報いるという言葉がありますが、先生はどうお考えになりますか」
先師が言われた。
「それでは何を以て徳に報いればよいのか。真っすぐな正しさで以て怨みに報い、徳を以て徳に報いるのがいいと思う」

”うらみには、公平無私の正直さ報いたい”論語コンプリートにあります。

ここでの徳は恩恵のこととあります。

うらみには正直さで返し、恩恵には恩恵で返す。

正直に行動していても、相手の状況やその背後にある環境によってはうらみを抱いている場合もあると思います。

自分のことは相手が評価するもであり、自分で思っていても相手が思っているとは限りません。

しっかりとした自分を持ちたいものですね。

今日から10月です。あっという間にあと三か月。

今日も一日頑張ります。