6月30日の今日の論語一日一話です。

子曰わく、忠信を主とし、己を如かざる者を友とすること無かれ。過てば則ち改むるに憚ること勿かれ。

しのたまわく、ちゅうしんをしゅとし、おのれをしかざるものをともとすることなかれ。あやまてばすなわちあらたむるをはばかることなかれ(しかんだいきゅう)

先師が言われた。
「忠信を主として、自分には及ばない友と交わっていい気になってはならない。過てば改めるにのに誰に遠慮がいろうか」
※学而第一にもあるが、どういう意味でここに入れたものであろうか。

過ちは素直に改めたいと論語コンプリートにあります。

自分の都合のいいことだけを言う人を友人にしてはいけない。

自分にとって厳しいことも素直に受け取る気持ちが大切ですね。

自分の状況によって素直になったり、意固地になったり心というのは都合のいいものです。

思考を変えていかなければなりませんね。

ものの考え方を変えるのは容易なことではありませんが。

自分の過ちはすぐに認めて小さいうちにスッキリさせたいですね。

今日も一日がんばります。