1月5日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、巧言令色、鮮なし仁。(学而第一)

しのたまわく、こうげんれいしょく、すくなしじん(がくじだいいち)

【訳】
先師が言われた。
「ことさらに言葉を飾り、顔色をよくする者は、仁の心が乏しいものだよ」

”口がうまく、つくり笑いするような人間に本物は少ない”とろ論語コンプリートにあります。

こういう人に自分がなっていないか反省するべきですね。

ここは非常に難しいし矛盾がでることもあります。

なんでも役に立つためにやってみようと”わかりました”といってしまう自分は仁が少ない。

そのようにも感じます。

出来ないことは出来ないこともあります。

その判断はすばやくする必要がありますね。

それが相手にとっていいこともあります。

今日から本格的な仕事初めです。

今日もがんばりましょう。