巧言は徳を乱る

子曰わく、功言は徳を乱る。小、忍ばざれば、則ち大謀を乱る。(衛霊公第十五)

しのたまわく、こうげんはとくをみだる。しょう、しのばざれば、すなわちだいぼうをみだる。(えいれいこうだいじゅうご)

【訳】
先師が言われた。
「口が上手な者は徳を損ない、小さいことを忍ばなければ、大きな計画をやり損なうことになるものだ」

”小さいことをがまんできなければ、大きな目的は達成できない”と論語コンプリートにあります。

目評達成には多少の犠牲はつきものなんでしょうね。

大きな計画を立て、小さな計画を一つひとつこなす。

向かうべきものが人には必要です。

それは毎日のことですね。

今日一日の目標はなにか。

明確にして一日に臨みたいものです。

今日も一日がんばります。