小人は事え難し

小人は事え難くして説ばしめ易し。之を説ばしむるに道を以てせずとも雖も、説ぶなり。其の人を使うに及びては、備わらんことを求む。(子路第十三)

しょうにんはつかえがたくしてよろこばしめやすし。これをよろこばしむるにみちをもってせずといえども、よろこぶなり。そのひとをつかうにおよびては、そなわらんことをもとむ。(しろだいじゅうさん)

【訳】
「小人は仕えにくいが喜ばせやすい。小人をよろこばせるには、正しい道にかなわなくても喜ぶ。しかし人を使うにあたっては、完全に求めて何でもさせよとする」

9月8日、今日の論語一日一言です。

人を見きわめるというのはまた難しいものですね。

そういうことも考えていかなけなりません。

利益だけに左右されたり、適材適所を理解しないでやらせようとしたりというのは問題ですね。

自分はそうならないようにしなければなりません。

コミュニケーションを取ることも重要ですね。

今日も一日がんばります。