富みて驕るは無きは易し

子曰わく、貧しくして怨む無きは難く、富みて驕るは無きは易し。(憲門第十四)

しのたまわく、まずしくしてうらむなきはかたく、とみておごるなきはやすし。(けんもんだいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「貧しくても怨みがましくならないのは難しいが、それに比べて、富んで驕りたかぶらないのはたやすいことだ」

9月19日、今日の論語一日一言です。

貧乏だとすべての人ではないがどちらかというと怨みがちになっちゃう。

気持ちがわかります。

こういう当たり前と思うことが書かれているんですが、そういうことになんでだろうと思うことが大切ですよね。

2500年前の言葉が今にも通じる人の心はたいして変わっていなんですね。

今日も一日がんばります。