1月16日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、可なり。未だ貧しくて道を楽しみ、富みて礼を好む者には若かざるなり。(学而第一)

しのたまわく、かなり。いまだまずしくしてみちをたのしみ、とみてれいをこのむものにはしかざるなり。(がくじだいいち)

【訳】
先師が答えられた。
「かなりの人だね。しかしまだ貧しくても心豊かに人の道を履み行うことを楽しみ、富んでもごく自然に礼を好んで行う者には及ばないよ」

”貧乏であっても裕福であってもぶれない生き方”と論語コンプリートにあります。

貧乏、裕福にこだわっているところがまだだめだということですね。

自分の正しいと思う生き方を貫くことが大切。

軸がぶれない信念をしっかりもっていくことが大切ということでしょうね。

正しい道、道理にしたがうというには世のため人のためということでしょうね。

私利私欲ではない無欲無私の一歩先、他利他欲とでもいうのでしょうか。

そんなことを感じました。

正しい道も変な解釈ではいけませんね。

難しいですね。

言葉と行動との一致も問われるところです。

今日も一日がんばります。