6月16日の今日の論語一日一話です。

子の疾病なり(しのやまいおもきなり)。子路(しろ)、門人をして臣たらしむ(もんじんをしてしんたらしむ)。病(やまい)、間なるときに曰わく(かんなるときにいわく)、久しいかな(ひさしいかな)。由の詐を行うや(ゆうのいつわりをおこなうや)。(子罕第九)

先師の病気が甚だ重かったとき、子路は若い弟子たちを家来に仕立てて葬儀を執り行う手はずを決めていた。病気が少し落ち着かれた頃、先師が子路に向かって言われた。「お前が私をだまそうとして久しいようだね」

子路もまた、先生のためを思って大きな葬儀をしようとしているということですね。

子路もまた、孔子先生が大好きだったんでしょうね~。

このようなメンターにあうためには自分から行動するしかありませんね。

選ぶことも必要ですが、タイミングが合えばいろいろなことに挑戦することが大切ですね。