夫子は聖者か

大宰(たいさい)、子貢に問うて曰わく(しこうにとうていわく)、夫子は聖者か(ふうしはせいじゃか)。何ぞ其れ多能なるや(なんぞそれたのうなるや)。子貢曰わく(しこういわく)、固に天之に縦して将に聖たらしめんとす(まことにてんこれにたらしめんとす)。又多能なり(またたのうなり)。(子罕第九)

大宰(呉の総理大臣)が子貢に尋ねた。
「孔先生は聖人なのでしょか。なんという多能な方でありましょうか」
子貢はそれに対して言った。
「もちろん天が生まれながらに聖人となることをゆるしているのです。しかも、その上に多能でもあられます」

6月7日の論語一日一話です。

論語コンプリートには「いろいろなことに手を出す必要はない。やるべきことをしっかりやること」とありました。

孔子様は本当にいろいろなことが出来たんでしょうね。

質問にはたくさん答えられたんでしょう。

本を読んで学ぶことは重要ですが、実践が実際難しい。

どんなにセミナーを聞いても聞いただけで満足している。

問題ですね。

孔子様はきっとインプットしてアウトプットを実践していった人なんでしょうね。

今日も一日がんばります。