12月10日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、天何をか言うや、四時行われ百物生ず。(陽貨第十七)

しのたまわく、てんなにおかいうや、しじおこなわれひゃくぶつしょうず。(ようかだいじゅうなな)

【訳】
先師が言われた。
「天は何を言うだろうか。しかし春夏秋冬の四季はめぐっているし、万物は自ら成長しているではないか」
※言葉だけを頼りにしてはいけない。

”言葉だけでなく行為の中にも教えをみてほしい”と論語コンプリートにあります。

時間というのはだまっていても過ぎていきます。

雪も積もります。

その中からでも何か学ぶことが出来るといことですね。

天は何も語らないですね。いつ大災害が起こるかも実際はわかりませんね。

しかし、どんな状況でも学ぶことはある。言葉だけではない。

今日も一日がんばります。