6月6日の論語一日一話ですね~。

天の未だ斯の文を喪ぼさざるや(てんのいまだこのぶんをほろぼさざるや)、匡人其の予を如何にせん(きょうひとそのわれをいかんにせん)。(子罕第九)

「天がまだこの文(道)を滅ぼさない限り、匡の人たちは、絶対に私をどうすることもできないだろう」

論語コンプリートには「天はこの文化(道)を伝えていくつもりなのだ。だから匡の人たちが私を殺そうとしても、できるのもではない。」とあります。

ここでの天は運命みたいなものですね。必然のような。

徳のある正しい行いは、天によるものなので滅びることはないということでしょうか。

今日も一日がんばります。