大宰我を知れるか

子之を聞いて曰わく(しこれをきいてのたまわく)、大宰我を知れるか(たいさいわれをしれるか)。我少かりしとき賤し(われわかかりしときいやし)。故に鄙事に多能なり(ひじにたのうなり)。君子多からんや(くんしおおからんや)。多からざるなり。(子罕第九)

【訳】
先師はこれを聞かれて言われた。
「大宰は私をよく知っているものであろうか。私は若い頃、地位も低く貧しかったので、つまらないことがいろいろできるのだ。君子は多能であることが必要だろうか。いや多能なことなどいらない」

6月8日の論語一日一話です。

”いろいろなことに手を出す必要はない。やるべきことをしっかりやること”と論語コンプリートにあります。

多能ではなくても追求する意欲が高い人はさらに向上していくんでしょうね。

成長する過程が人それぞれにあってどこからでも向上しようと考えれば向上していけるものだと感じます。

今のこの状況は必然であるんだとも思います。

今、やるべきことをしっかりとやる。

余計なことにも手をつける。

溢れなかったものだけが自分に残る。

私にはそんなことが似合っているんでしょうね。

イノベーションを興すためには寝るなと言ってましたね~(笑)

それほどまでに悩み考えろということでしょうね。

今日も一日がんばります。