四海の内、皆兄弟なり

子夏曰わく、商之を聞く、死生命有り、富貴天に在り。君子は敬みて失うこと無く、人と與るに恭しくして礼有らば、四海の内、皆兄弟なり。(顔淵第十二)

しかいわく、しょうこれをきく、しせいめいあり、ふうきてんにあり、くんしつつしみてうしなうことなく、ひととまじわるにうやうやしくれいあらば、しかいのうち、みなきょうだいなり。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
子夏が言った。
「私は『死生や富貴はすべて天命だ』と聞いている。君子は身をつつしんで、人の道に違うことなく、人と交わるのにうやうやしくして礼にかなうようにすれば、世界中は皆兄弟である」

7月26日、今日の論語一日一言です。

”死や生きることは天命です。これはどうすることもできない事です。富や地位なども天からの預かりものだ”と論語コンプリートにあります。

死ぬも生きるも天命。

すべての事象はそうなのかもしれないし、そうじゃないかもしれません。

たまに会うべき人には必ず会えるというようなこともありますが実際は自分がそのように行動しているとも思います。

死すらも必ず訪れるものではありますがどう死ぬかは自分で選択できるわけですから自由があります。

兄弟がいない兄弟とうまく付き合えないとかにしてもすべて自分がどう思うかで状況が変わるということがあります。

死生、富貴は天命かもしれませんが考え方次第でどうにでもなるようにも思いました。

今日一日がんばります。