6月26日の論語一日一話です。

四十五十にして聞くこと無くんば、斯れ亦畏るるに足らざるのみ。(子罕第九)
しじゅうごじゅうにしてきくことなくんば、これまたおそるるにたらざるのみ。(しかんだいきゅう)

「ところが、四十五十になっても謙虚に学ぶことのないような者は、もう畏れるには足らないよ」
※聞くとは問答求道。「聞ゆる」と読み、「世に名の聞こえる」とする説もある。

謙虚に学ぶことが大切ですね。

たくさんのことを学ぶとどれが正しいと迷うこともありますが、

何もしないよりましだと思って謙虚に学びます。

今日も一日がんばります。