四十五十にして聞くこと無くんば

四十五十にして聞くこと無くんば、斯れ亦畏るるに足らざるのみ。(子罕第九)

しじゅうごじゅうにしてきくことなくんば、これまたおそるるにたらざるのみ。(しかんだいきゅう)

「ところが、四十五十になっても謙虚に学ぶことのないような者は、もう畏れるには足らないよ」
※聞くとは問答求道。「聞ゆる」と読み、「世に名の聞こえる」とする説もある。

6月26日の論語一日一話です。

もう五十になってしまいます。

こうなってくると30代が大事ですね。

しかし考えみると40歳とはもっと大人と思っていましたが中身は成長しているのでしょうか。

30歳代での行いが40歳前半の厄年という形でいろいろ事がおこるようにも感じます。

”四十までには成果を出せ”と論語コンプリートにありましたが成果がいまいちでしたね(笑)。

でもこうして論語について調べたり考えたりできることも楽しいことです。

”四十にして惑わず。”

物の道理について今学んでいるんでしょう。

今日も一日がんばります。