7月6日の今日の論議一日一話です。

顔淵死す。子曰わく、噫、天予を喪ぼせり、天予を滅ぼせり。(先進第十二)

がんえんしす。しのたまわく、ああ、てんわれをほろぼせり、てんわれをほろぼせり(せんしんだいじゅうに)

伊與田覺先生の解説です。

顔淵が亡くなった。先師は歎いて言われた。
「ああ、天は私を滅ぼした。天は私を滅ぼした。」

なんだか、本当に残念だったことが伝わります。

論語コンプリートには”人は信じたくないほどの悲しみも起きることがある”とあります。

顔淵さんは幸せもののような気もします。

もし、自分が死ぬんだったら、こんな風に思ってもらえるならうれしいですね。

などと考えなら今日も一日がんばります。