子路、聞くこと有りて、未だ之を行うこと能わざれば、唯聞く有らんことを怒る。(公冶長第五)

しろ、きくことありて、いまだこれをおこなうことあたわざれば、ただきくあらんことをおそる。(こうやちょうだいご)

【訳】
子路は、一つの善言を聞いて、まだ、それを行うことができなければ、さらに新しい善言を聞くことを恐れた。
※子路の人物がよくわかる。

3月21日、今日の論語一日一言です。

”教わったよいことはすぐに実践する”と論語コンプリートにあります。

これは自分にとっても言えることです。

次々と新しいことをしたくなりがちです。

子路のように実践がともなっていかない時は断ることも大事です。

なんためにと考えなければいけませんね。

今日も一日がんばります。