1月6日、今日の論語一日一言です。

曾子曰わく、吾日に我が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と交りて信ならざるか、習わざるかを伝うるか(学而第一)

そうしいわく、われひにわがみをさんせいす。ひとのためにはかりてちゅうならざるか、ほうゆうとまじわりてしんならざるか、ならわざるかをつたうるか。(がくじだいいち)

【訳】
曾先生が言われた。
「私は毎日、自分のたびたび省みて、よくないことははぶいておる。人のためを思って真心からやったか、友達と交わって嘘いつわりはなかったか、まだ習得しないことを人に教えるようなことはなかったか」
※曾子 性は曾、字は子輿、孔子より四十六歳若い。

”毎日反省すべき三つのこと”と論語コンプリートにあります。

1、人と話をしていていい加減なことを言わなかったか
2、友人と接していて信義に欠けるようなことをしなかったか。
3、まだ、よく身についていないことを人に教えていないか。

良くないこと省く。毎日この三つのことを反省しなければなりませんね。

寝る前に反省ですね。三秒で寝てしまう私ですが、朝は意外と早いです。

いい加減なことを言ってるつもりはないのですが、しっかりと予定を見ずにいいよと言っていないか。

昨日は友人をせめたかも。

身についていないことは人に教えていない。

朋友と交わりて信ならざるかがだめかもしれません。

一日を反省します。

今日も一日がんばります。